評価基準

花粉症というのは、森林の杉やヒノキ、ブタクサなどの大量に飛散する花粉が誘因となって、くしゃみ・頭重感・微熱・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を招く病気だということができます。
30歳代で更年期になるとしたら、医学的な用語では「早発閉経(そうはつへいけい)」という女性疾患のことを指します(この国においては40歳未満の女性が閉経する症状を「早発閉経(early menopause)」と呼んでいます)。
BMI(体重指数)の計算式はどの国も同じですが、値の評価基準は各国違いがあって、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI22であれば標準体重とし、25以上だと肥満、18.5未満は低体重と決定しています。
常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、毒の強大な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類が存在するのです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、つまりはまるい形状の赤っぽい発疹や鱗屑など、皮ふ病の総合的な病名で、その病因はあまりにも様々だといえます。
気分障害の一種であるうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、不眠、気分の落ち込み、なかなか抜けない倦怠感、食欲の低下、強い焦燥感、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図等の辛い症状が出現するのです。
比較的若い世代で感染症の一種である結核に抗える抵抗力、すなわち免疫力の弱い人々が増えていることや、早合点のために診断が遅れることに縁る集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高いようです。
クシャミや鼻水、鼻づまりや目の掻痒感・異物が入っているような感じなどの花粉症の主な諸症状は、アレルギー源である花粉の放出される量に追従しているかのように悪くなるという性質があると言われています。
汗疱(汗疱状湿疹)とは主に手の平や足の裏指と指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が出る病気で、通称汗疹(あせも)と呼び、足の裏に出ると水虫と混同されるケースもままあります。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを保有する精液や血液、母乳、腟分泌液、唾液といった類の体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜などに接触すると、感染する危険性が高くなります。
インキンタムシというのは、正式には股部白癬と言い、かびの一種である白癬菌が陰嚢、股部、臀部などに何らかの理由でうつってしまい、寄生してしまう感染症で簡単に言うと水虫です。
流行性感冒、即ちインフルエンザに適している予防対策や手当といった類の原則施される対策自体は、それが季節性インフルエンザでも未知なる新型インフルエンザでもほぼ変わらないのです。
お年を召した方や慢性的な疾患をお持ちの方などは、殊更肺炎を発症しやすくなかなか治らないという傾向が見られるので、予防策の徹底や迅速な処置が大切です。
お薬やアルコール、科学的に合成された食品添加物等の物質を特殊な酵素によって分解して無毒化する機能の事を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓の担う大切な役目のひとつだと言えるでしょう。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特性があるので大気中に存在しているオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させるなど、皮膚にとって悪い影響を与えることになります。