新薬

吐血と喀血はいずれも血を吐くことですが、喀血とはのどから肺に続く気道からの出血のことで、吐血というのは十二指腸より上にある食道などの消化管からの出血のことを言い表しているのです。
AEDとは医療資格を保有しない普通の人にも使う事のできる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスの手順に沿って対応することで、心臓の心室細動の治療の効果を発揮してくれます。
ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失われてしまった後に市場に出回って、新薬とまったく同一の成分で負担の小さな(薬の金額の高くない)後発医薬品そのものです。
ダイエットに没頭するあまり摂取カロリーの総量を抑える、食事を飛ばす、といったライフスタイルがひいては栄養をも不足させ、慢性の酷い冷え性をもたらしていることは、多くの医療関係者が問題視されていることです。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、菌に感染している人がゴホゴホと咳き込むことで外気や内気の中に放たれ、空中でフワフワ流れているのを他の誰かが吸い込むことにより拡がっていきます。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のひとつのスルフォラファンというブロッコリーに含まれている物質が、肝臓の持っている解毒酵素の自然な製造をサポートしているかもしれないという新たな事実が判明してきました。
グラスファイバーで作製されたギプスは、衝撃に強くて軽いのに長期間の使用に耐えることができ、濡らしてしまっても使い続けられるという利点があるため、現在採用されているギプスの王道となっているのです。
トコトリエノールの機能の中では酸化を遅らせる機能がおそらく一番知られていると思いますが、それ以外に美肌作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりすることが知られています。
高齢の方や慢性的な病気のある方などは、特に肺炎を起こしやすくなかなか治らないという特徴があるので、予防策の実施や早めの手当が重要だといえます。
アミノ酸のグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を低減したり突然変異を誘発する有害な物質を体の内部で無毒化し、肝機能をより強化する特長が認識されています。
ストレスが溜まる理屈や、有用なストレスのケア方法など、ストレスに関係している初歩的な知識を学んでいる人は、まだ少ないようです。
世界保健機関(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-Aの著しい浴び過ぎは皮膚の病気を起こすとして、19歳未満の若者が肌を黒くする日サロを使うことの禁止を強く喚起しています。
塩分と脂肪分の摂り過ぎはやめて運動を行い、ストレスを蓄積しすぎない生活を意識することが狭心症を招く動脈硬化を事前に防ぐポイントだといえます。
胸痛を主訴とする狭心症の外科処置では現在「大動脈バルーンパンピング法」に加えて「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス手術」という双方の治療法が標準的におこなわれています。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、山のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの虫によって媒介されない花粉が原因となり、クシャミ・目の痒み・鼻づまり・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を示す病気であることは言うまでもありません。