消費量

ハーバード・メディカルスクールの調べによれば、普通のコーヒーと比較して1日2杯以上デカフェコーヒーを飲むと、恐ろしい直腸癌の罹患リスクを5割以上も減少させることができたらしい。
基礎代謝量というものは目が覚めている状態で命を保つ(心臓、口からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋緊張のキープ等)ために必ず要る最も小さいエネルギー消費量の事を指しているのです。
チェルノブイリ原発の爆発事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果によると、大人に比べると体の小さい子供のほうが広まった放射能の悪影響をよく受けることは明らかです。
ポリフェノール最大の特性はL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.などとは違って、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、更には細胞膜でも抗酸化作用があるのです。
ビタミンB6には、多種多様なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー代謝のために欠かせない回路に取り込むため、更に化学分解することを助けるという動きもあるのです。
脂溶性であるビタミンDは、Caが吸収されるのを補助する機能で知られており、血液中のCa濃度を操り、筋肉の機能を調整したり、骨を作ったりしてくれます。
栄養バランスの取れた食事や運動は勿論、健康増進や美容を目的として、目当ての栄養を補うために色々な種類のサプリメントを服用する事が一般的になりました。
20〜30才代で更年期がやってくるとすれば、医学用語で表現すると「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患に当てはまります(日本においては40歳未満の比較的若い女性が閉経してしまう症状をPOFと呼ぶのです)。
汗疱(汗疱状湿疹)は主に掌や足裏、または指と指の間などに小さな水疱が出る症状で、通常は汗疹(あせも)と言われ、足裏に現れると足水虫と混同されることもあります。
BMI(体重指数を求める計算式はどの国も同じですが、BMI値の位置づけは国ごとに少しずつ違っていて、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準体重、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満を低体重と決定しています。
人の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に分けることができますが、中耳付近にばい菌やウィルスなどがうつることで炎症が誘発されたり、液体が溜まる病が中耳炎なのです。
普通ならば骨折しない程度のごく僅かな圧力でも、骨の決まった個所に複数回にわたり休みなく力が加わることにより、骨が折れてしまうこともあるようです。
コンサートやライブなどの施設や踊るためのクラブなどに備えられている特別仕様の大型スピーカーのすぐ脇で大きな音を浴びて耳が遠くなってしまうことを「音響外傷」と言っています。
スマホ使用時の細かなちらつきを和らげる効果のある専用眼鏡がすごく人気を博している理由は、疲れ目の手当にたくさんの人々が苦労しているからだと推測することができます。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍くしたり突然変異を誘発する人体に対する有害物質を体の内部で無毒化し、肝臓の能力を促す特徴が認められているのです。